東武東上線「朝霞駅」南口より徒歩2分のあさか心のクリニックは予約制です。事前に048-458-5561までご連絡ください。

社交不安障害(社会不安障害、SAD)について

社交不安障害(社会不安障害、SAD)は、人からどのように見られているのかを必要以上に気にしてしまう病気です。
人前に出ると「恥ずかしい思いをするのではないか」と不安や緊張してしまうことは誰もが経験したことがあると思います。通常であればそれはごく自然なことなのですが、社交不安障害(社会不安障害、SAD)は不安や緊張の度合いが大きく、紅潮発汗ふるえ腹痛などの症状が現れる場合もあります。

また、このような症状が再び出てしまうのではないかという不安によって、次第に人が集まる場所を避けるようになります。その結果、学業や就業、さらには結婚などの社会生活に大きな問題を抱えてしまいます。

社交不安障害(社会不安障害、SAD)が現れやすい場面

社交不安障害(社会不安障害、SAD)は以下のような場面で起きる事が多いです。


社交不安障害(社会不安障害、SAD)の原因

社交不安障害(社会不安障害、SAD)の原因はまだはっきりとわかっていませんが、恐怖症状を抑える働きのある神経伝達物質セロトニンのバランスが崩れ、神経が過敏な状態に置かれるからではないかと言われています。

セロトニンが不足する要因としては、過去に人前で恥ずかしい経験をしたことがあるなどの経験的要因、他人の目を気にしすぎる人、人見知りなどの性格的要因、また遺伝的な要因が挙げられています。